豊和開発 土地活用に
グッドアイデア

- コラム -
COLUMN

HOME › コラム › 豊和開発の組織体制と部門ごとの業務内容について

facebook

2022/01/28 |  社員ブログ

豊和開発の組織体制と部門ごとの業務内容について

豊和開発株式会社、経営企画部の久保です。今回は当社の部署ごとの業務内容についての説明を記事にしてみたいと思います。新卒採用や中途採用で当社に応募を検討している方や、当社の事業内容に興味を持っていただいている方の参考になれば幸いです。当社では、児童施設や高齢者施設の建築を基軸とした土地有効活用の提案をしている会社です。土地を所有する地主と、社会福祉施設の運営用地を探している事業者をマッチングし、施設建築を受注しております。もちろん、提案する中で、色々な方との出会いがあり、要望もさまざまです。商談の流れの中で不動産売買や不動産仲介の依頼も受け対応する場合もあります。では、土地活用の提案から、建築、引渡しまで一貫した業務を取扱っている当社ですが、体制はどうなっているのでしょうか。当社は現在4つの部門に分けられ業務をおこっております。各部門の業務内容は次のとおりです。

- 目次 -
CONTENTS

1.営業本部の業務内容

営業本部では、「どう活用していいか分からない」「相続して残していきたい」そんな土地をお持ちの地主に対し、土地活用の提案と、児童・高齢者施設等の社会福祉施設を運営する事業者に対して、事業展開用地の提案を行っています。具体的には、事業者から新たに運営する候補となる土地を探す依頼を受ける事、土地を所有する地主を訪ね収益の改善や相続税対策等を目的とした提案に興味を持っていただくことから業務が始まります。その事業者と地主両社をマッチングさせる事で、その地域で求められている施設が建設され、住みよいまちづくりに貢献しています。当社の土地活用提案は、画一化された提案はありません。土地の大きさや立地に応じてどんな建物で提案をするのが良いのか、事業者や地主の要望にどこまで応えていくのか等、幅広い選択肢の中から、土地毎に最良の提案を導き出しています。土地有効活用の提案が基軸となりますが、お客様の要望によっては、売買取引や仲介取引もおこなっており、不動産と建築営業を融合した提案業務が当社営業の特徴でもあります。

2.設計監理部の業務内容

設計監理部では、保育園や老人ホーム等の児童・高齢者施設等の社会福祉施設を中心に、提案、設計、設計監理、引渡しまで建築工程の一貫した業務をおこなっております。具体的には、土地有効活用提案をおこなう営業提案用の企画設計から、契約に至った際には、建設に関連するおこなう政協議、基本設計、建築確認申請、実施設計、設計監理、施主や協力業者との連携等、計画から竣工・引渡しまで、建築設計に関する業務全般をおこなっています。地主に対する土地有効活用提案なのでおのずと土地の大きさは様々となります。その土地や計画する建物の用途に合わせた設計計画が必要です。画一的な建物の設計ではなく、案件毎にひとつひとつの建物がオーダーメイド仕様となりますの、物件ごとにデザイン性や機能性を追求しているのが当社の設計の特徴です。提案から引渡しまで全ての建築工程に関わり、多種多様な設計業務の経験を重ねながら、技術力の向上と顧客満足度の向上に努めています。

3.建築管理部の業務内容

建築管理部では、各建築案件の予算・工程・発注・安全等の管理の総合的なマネジメント業務をおこなっております。主に当社が施工する建築物の施工管理やアフターフォローが中心となりますが、建築における企画、着工、竣工、引渡、引渡し後においても、様々な建築にまつわる業務に携わる部署でもあります。具体的には、社内においては、営業本部と設計監理部両部との予算を組む上での連携も多くあり、当社の利益確保や技術力向上の一翼を担っております。常時複数の建築現場が稼働するなか、各現場の施工管理を行っており、工程に遅れや不具合がないか常に現場内にアンテナを張りながら、現場の状況を見極めます。多くの工事関係者が集まりますので、コミュニケーション能力は重要。巡回監視や定例会議での問題点抽出や是正、方針の共有や取りまとめ等、現場が円滑に動いて行くよう常に自ら発信を行います。また、安全確保のための現場パトロールや注意喚起、建築途上の検査立ち合い、竣工後のアフターフォロー、法律で定められた建築物に関連する定期点検や検査などの提案や受注も行っております。建築を請け負う上で特に重要なのが、建設協力会社の関係強化と業者の新規開拓です。技術力のある協力会社を駆使し連携しながら、受注した仕事に対して、お客様により品質の良い建物を提供するのが当社建築管理部の使命でもあります。建築は常に新しい技術が時間とともに進歩・発展します。当社は常に新しい技術を取り入れながら安全性や機能性を持った施設を建築し市場に提供し続けています。

4.経営企画部の業務内容

経営企画部では、採用・教育・総務・経理の業務をおこなっており、採用・教育と経理で業務を分担し、それに関連した総務業務にも対応しています。採用・教育は表裏一体、人材の確保と成長を促す仕組み作りに注力しており、他社と同じ採用活動をおこなっていては良い人材の確保はできないという考えのもと、創造力と行動力を駆使しながら新たな採用手法の確立を目指しております。採用だけではなく、入社後においてもどう人材を成長させるかも重要です。社内外問わず定期的な教育や人材育成方針の策定などをおこないながら、成長に必要な一人一人の目標設定を明確にする評価制度や、会社と共に人材が成長できる環境作りにも注力しております。経理部門では、会社におけるお金の流れを正確に管理し、日々の売上管理、仕入れ管理、給与・保険管理、保有する収益物件や資産管理等、お金に関する重要な役割を担っております。「ただの事務的な仕事ではなく、経営の根幹を担い、経営者目線で何事も頭を使って考える(企画する)」という社長の想いから経営企画部と命名されました。

5.まとめ

今回は、当社の部署ごとの業務内容について説明してみました。部署や役割は違いますが当社の社員は自身の為、チームの為に日々奮闘してります。そんな当社の仲間と共に一緒に働いてみませんか?新卒採用・中途採用問わず、いつでもご応募をお待ちしています。