豊和開発 土地活用に
グッドアイデア

- 介護施設 -
NURSING FASILITY

HOME › 事業紹介 › 土地活用 › 介護施設

facebook

“超高齢化社会”を背景に
注目を集める介護施設。

借主は、医療法人や社会福祉法人を母体とした、経営が安定した事業者様が多く、施設によっては、節税効果も高く、長期安定収入の確保が望めます。

当社が、今おすすめしているのが、地域貢献ができる介護施設による土地活用です。

VARIATION

介護施設のタイプ

「介護施設」には数多くの種類があり、同じタイプの施設でも、
収容人数や利用方法には多様なバリエーションが生まれます。

当社では「デイサービス」をはじめ「グループホーム」「小規模多機能型居宅介護」「サービス付き高齢者向け住宅」
を主力として、オーナー様の希望に適う土地活用プランを幅広くご用意。
様々な条件に合う多彩な提案をお届けします。

- 事例 -
EXAMPLE

CASE 01

【複合介護施設】地域の需要に応えた土地活用

■場 所/富田林市
■活用前/畑
■状 況/敷地面積 約300坪
郊外で、人口も少なく、賃貸アパート等の需要はあまり見込めない地域
■オーナー様のお考え
・需要のある活用をしたいが、賃貸アパートにしても入居者募集に苦労することがわかっているだけに悩んでいる。
・これといった良い活用方法がない。
<解決>
どこの地域でも超高齢化は深刻な問題であることに着目し、地域の高齢者医療提供体制の問題に目をとめていた地元クリニックによる複合施設(認知症デイサービス・ショートステイ)をご提案しました。

CASE 02

【サービス付き⾼齢者向け住宅】さらなる高収益と安定性を求めて

■場 所/尼崎市
■活用前/駐車場
■状 況/敷地面積 約160坪
目の前にスーパーなどの商業施設があり、駐車場の稼働率も上々である
■オーナー様のお考え
・現状には概ね満足している。
・駐車場管理の手間を省きたい気持ちがあった。
・長時間安定する土地活用の方法を模索していた。
<解決>
地元クリニックとの協力体制を組み、優れた高齢者ビジネスモデルを構築。駐車場よりも高収入となり、固都税、相続税対策も実現しました。

土地サイズ別活用方法一覧

【〜100坪:小規模でアットホームな空間】
・デイサービス
・小規模多機能型居宅介護
【100〜200坪:被介護者の家族にも喜ばれる】
・グループホーム
・看護小規模多機能型居宅介護
・ショートステイ
【200〜300坪:穏やかな老後生活を提供】
・サービス付き高齢者向け住宅
・地域密着型特別養護老人ホーム
・デイサービス+ショートステイ
【300坪~800坪:将来安定、理想の賃貸】
・広域型特別養護老人ホーム
・介護付き有料老人ホーム
・デイサービス+サービス付き高齢者向け住宅
・介護老人保健施設

- 土地活用の種類 -
VIEW BY TYPE