豊和開発 土地活用に
グッドアイデア

- コラム -
COLUMN

HOME › コラム › 私の雨の日のイメージとモチベーションUP法

facebook

2020/06/26 |  社員ブログ

私の雨の日のイメージとモチベーションUP法

私は4月より豊和開発株式会社に入社した雨の日が苦手な新入社員でございます。しかし、社会人になったからには雨が降っているからやる気が出ない、会社に行きたくないなどと言っていられないので、自分なりにモチベーションを上げて雨の日を過ごすようにしています。今回のコラムでは、私が持っている雨の日のイメージと、モチベーションUP法を紹介します。

- 目次 -
CONTENTS

1.雨の日のイメージ

朝、目が覚めて窓の外をみると土砂降りの雨が降っている。そういった日は晴れの日に比べて朝の用意のスピードが落ちたり、少し憂鬱な気持ちになってしまうというマイナスなイメージがあります。そういったイメージも相まってモチベーションが下がってしまうのは私だけではないのではないでしょうか。
社会人になる前、つまり学生時代の私は、雨が降っていると外出の用意をすることがめんどくさいと考えてしまい、人に見られるという意識も低くなり普段と比べてラフな恰好で学校に通っていました。当時の私は、雨の日に対してマイナスの印象しか持っていませんでした。
しかし、会社に入社するにあたり、新社会人として、さらに営業マンとしてたくさんの人と関わる仕事をすることになる以上は、めんどくさいや憂鬱などの甘い考えは捨てなければならないと考えました。そこで私は、雨の日こそモチベーションを上げる為の対策を考えました。

2.モチベーションを上げるために

どうすれば雨の日のモチベーションを上げることができるのかということを考えるにあたり、まずは自己分析を行いました。私は新しい服や身に着けるアイテムで気に入ったものを手に入れ、身に付けたりするとテンションが上がり、モチベーションを高く維持できる傾向にあります。そこで注目したのは、「傘」です。
傘といえば、天気予報の雨マークに用いられるほど、雨の日には欠かせないアイテムです。その傘を変えると気分も変わるのではないかと考え、コンビニで売っているビニール傘ではなく、値段・質・見た目において、コンビニでは売っていないようなかっこいい傘を購入しました。そして、雨の日の通勤中にそのかっこいい傘を使うことで、普段の雨の日とは違う特別な気持ちになる事が出来ました。また、営業マンとして雨の日に外出するときも同様で、かっこいい傘を持っているからやる気が上がり、普段では外を動くのも億劫になる雨の日に、バンバン外回りを行うことができています。他の営業マンが外回りが嫌になる雨の日に、高いモチベーションを保ち営業活動を行うことができれば、ライバルより案件に出会うチャンスを多く得ることに繋がるのではないかと感じ、他の営業マンとの差にもなるのではないかとも考えました。

3.今後の新しい取り組み

このように、私は元々嫌いな雨の日でもモチベーションを高く保つ手法を一つ手に入れました。しかし、先述の通り、雨の日も普段と変わりなく営業活動を行うことで、他の営業マンとの差をつけることに繋がると思いますので、モチベーションを上げられていることによる結果を出さなくてはならないと考えております。そのためにも、より雨の日にどれだけ高いモチベーションで活動できるかということに意識を向けて、次は動きやすくて撥水性のある靴等、新たなアイテムを手に入れようと思っております。
更に、雨の日以外でも他の営業マンとの差をつけられる様に、今まで以上に高いモチベーションを維持するために雨の日以外でのモチベーションUP法を見出していくつもりです。
皆様も是非一度自分自身を振り返り、どうすれば雨の日でもモチベーションを高く維持できるかに焦点を当ててみてはいかがでしょうか。私のようにアイテムを取り入れることによって、雨の日でもモチベーションを上げることができるかもしれませんので、お試し頂ければ幸いです。

<営業本部  黒田>

- この記事のライター情報 -
RELATED ARTICLE

ライターネーム:ダミーライター
ダミーライター情報です。
これから更新頑張ります。