豊和開発 土地活用に
グッドアイデア

- コラム -
COLUMN

HOME › コラム › 【豊和開発山岳クラブ】について

facebook

2019/01/18 |  社員ブログ

【豊和開発山岳クラブ】について

皆様お久しぶりです。営業本部の坪田です。今回の投稿は豊和開発で新たに発足された、【豊和開発山岳クラブ】についてです。

- 目次 -
CONTENTS

1.【豊和開発山岳クラブ】について

このクラブは、社休日を利用して社員交流などを兼ねて、色々な場所に登山をしに行こうと発足されました。今回は登山をして、温泉に入り、おいしいご飯を食べてとイベント目白押しとなっております。

記念すべき1回目の登山は兵庫県にある『六甲山』へ向かいました。阪急芦屋川駅から出発し、有馬温泉までが今回のルートです。今回は社長を筆頭に営業本部より4人と、さらにご協力いただいている企業様の方に参加していただき、六甲山頂を目指します。

 

記念すべき1回目の登山は兵庫県にある『六甲山』へ向かいました。阪急芦屋川駅から出発し、有馬温泉までが今回のルートです。今回は社長を筆頭に営業本部より4人と、さらにご協力いただいている企業様の方に参加していただき、六甲山頂を目指します。

2.ロックガーデンといわれる岩場

登山口に到着し、さぁスタートとなった矢先、いきなりの崖!ロックガーデンといわれる岩場をひたすら上がります。いきなりのハードワークに先行きが少し不安になりました。そこを越えると少し緩やかなアップダウンが続き、風吹岩と呼ばれる岩のある場所に到着しました。

3.山頂手前最大の難所『七曲り』

ここからは芦屋市を一望できます。少しの休憩を挟んで山頂に向かい再出発。順調に登山道を進んでいきましたが、ここで山頂手前最大の難所、『七曲り』呼ばれる激坂が現れます。この七曲りは山頂までずっとのぼり坂でしかも斜面がかなり急なので足が全然前に進みませんでした。

4.山頂付近の食事処

七曲りを越えると、一軒茶屋という山頂付近の食事処が現れます。本日はここで全員揃いご飯をいただきます。頑張って登った後のご飯の味は別格でした。

5.山頂から見る景色

ご飯の後は一軒茶屋を出てもう少し上がったところにある六甲山頂に向かい、無事山頂に到着!山頂から見る景色はとても綺麗でした。

 

いよいよここから有馬温泉に向けて下山だともう一度気合を入れなおして出発したのですが、下山の道なりは緩やかな下りのみでしたので、気合を入れるまでもなく楽に有馬温泉に到着しました。

6.第1回登山は大成功!

有馬温泉の金泉と銀泉に浸かり疲れを取った後は有馬温泉で老舗のお好み焼き屋さんに行き全員でおいしくご飯をいただき帰路に着きました。


【豊和開発山岳クラブ】第1回登山は大成功でしたので第2回が楽しみです。では今回はこの辺で。次回の投稿もお楽しみに!