豊和開発 土地活用に
グッドアイデア

- コラム -
COLUMN

HOME › コラム › 土地活用に対する質問や地主様の疑問

facebook

2020/07/25 |  社員ブログ

土地活用に対する質問や地主様の疑問

豊和開発株式会社 営業本部新卒社員の山副(ヤマゾエ)と申します。
私たち豊和開発は土地を所有されている地主様に「介護施設」「児童施設」「医療施設」「商業施設」を有効活用としてご提案しております。
その中でも私が所属するチームでは、主に「介護施設」の提案を行っており、その提案を行っていく中で、地主様へアプローチしていく中でよく聞かれること、皆さんの疑問について、簡単にご紹介したいと思います。

- 目次 -
CONTENTS

1.どれくらいの広さが必要?

地主様に対し、まずはその土地を周辺環境等も含めて確認させて頂き、どういった選択肢があるのかというお話をする様にしているのですが、実際にお話しした際に地主様より「うちの土地〇坪しかないけど…」「実際どれぐらいの広さが必要?」と聞かれることがよくあります。
お持ちの土地の面積は分かっていても、どういった活用ができるのかといったことがお分かりになる方は多くないので、こういった質問を頂くのだと思われます。
立地等の諸条件にもよりますが、弊社の介護施設の活用提案は約100坪から可能です。
例えば、デイサービスは100坪程度、グループホームは150坪程度、サービス付き高齢者向け住宅は300坪程度、特別養護老人ホームは700坪程度など、広さによっても提案できる施設が変わってきます。立地等の他の条件によっても変わってきますので、必ず○坪ないと活用できないということでもありません。

2.近くに介護施設あるよ?

「近くに介護施設あるよ?」と聞かれることもよくあります。
介護施設といっても、実はたくさんの種類があります。
介護を必要とされる(要介護状態)か、介護を受けなくても良い(自立状態)かによっても変わってきますし、介護が必要と一言でいってもその程度によっても様々です。
施設のタイプとしては、通所型の施設や住宅型の施設、訪問型の施設など、細分化していけば多岐に渡ります。
介護施設と言えば、住宅型の老人ホームをイメージされる方が多く、私も入社するまではその内の一人でした。
ですので、近くに介護施設があるからといって、同じ介護施設が建っているとは限りませんし、施設の種類によっては新たに介護施設を建てたとしても需要があるということも十分にあり得ます。

3.認可施設って?

「認可施設って何?」「どういった施設なの?」とも聞かれます。
介護事業の認可施設とは、国が定めた設置基準を満たし、各都道府県の市町村で認可された施設のことを言います。例えば、特別養護老人ホームという、在宅での生活が困難になった要介護の高齢者が入居できる介護施設があります。
認可施設は、その地域に必要な施設を必要な数だけ募集(公募)します。そういった募集に対し、実際に施設を運営する事業者様が弊社が紹介した土地にてエントリー(応募)を進めます。
ただ、エントリーしても必ず審査が通るということでもありませんので、他者が出したエントリーと競合する中で、審査に通らなければなりません。施設によっては借地(事業者様に土地だけを貸す)でよい場合もあります。

4.最後に

いかがでしたでしょうか。
「介護施設で土地活用したい」だけでなく「何か活用したい」「こんな土地があるんだけど、何に活用できるかわからない」等お困りのことがあれば、豊和開発へお気軽にお問合せ下さい。
私は、まだまだ勉強中ではありますが、ひとつひとつの業務に一生懸命取り組み、出来る限り多くの事を経験し知識として蓄え、地主様に正しい説明と最適な提案ができる様にこれからも精進して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

【営業本部 山副】