豊和開発 土地活用に
グッドアイデア

- コラム -
COLUMN

HOME › コラム › 豊和開発の設計業務と昼ご飯と私

facebook

2019/08/10 |  社員ブログ

豊和開発の設計業務と昼ご飯と私

 みなさん建築の設計業務についてご存知でしょうか?
有名な建築家さんが作品を紹介しているイメージ等はお持ちでしょうが、その業務がどのように行われているかということは、一般にはなかなか知られていないのではないでしょうか。

 今回のブログでは豊和開発の設計業務についてご紹介していきたいと思います。弊社には設計監理部という部署があり、主に建築物の設計や工事の監理業務を行っております。大阪府の認可を受け、豊和開発株式会社一級建築士事務所として、世に言われる「一級建築士設計事務所」と同じ業務を行っております。また、社内の営業部や建築管理部という部署とも連携を取り、建築物の企画から設計、施工まで幅広い業務を行っております。

と、ご説明させて頂いてもなかなかピンと来ないと思いますので、今回は弊社設計監理部員のある一日の業務をご紹介させて頂こうと思います。

- 目次 -
CONTENTS

1.7月某日 午前10時 緊張の中間検査

 本日は朝の朝礼を終え、まず東大阪市にある現場に向かいました。今回の現場は近畿大学のすぐ近くに位置する、鉄骨造3階建ての保育園の建設現場です。

 本日はここで建物基礎の「中間検査」が行われます。
「中間検査」とは、建築物建設の中間工程の段階で行われる検査で、設計者、施工者とは異なる第三者機関の検査員が現場に立ち入り、工事が設計図通りに行われているかを検査します。その検査内容は現場の状況はもちろんのこと、建設資材の品質や納入ルートにまで至ります。この検査をクリアできなければ次の工程に進めず、工事が滞ってしまいます。
事前に監理者として検査内容と同じ確認をしておりますが、見落とし等がないか、緊張する場面です。

分かりやすいように、検査模様の写真を添付しておきます。

 書類検査から始まり鉄筋の本数や柱、梁の大きさ等を細かくチェックしていきます。結果は無事、合格を頂けることができました。ちなみにこの日の気象庁発表の最高気温は37℃でしたが、現場では足場の鉄板が太陽に焼かれてそれ以上の暑さになっていたと思います。検査員の方や現場監督さん、みなさんお疲れさまでした。

2.7月某日 午後12時 至福の昼ご飯

 さて、緊張の検査が終わるともうお昼の時間になりました。
豊和開発の設計業務ではいろんな現場に行くこともあるので、その周辺で美味しいお店を発見するのも仕事の楽しみの一つです。

 今回は近畿大学東大阪キャンパスに近い現場ということもあり、学生さん向けの安くて美味しそうなお店がたくさんありました。特に多いのがラーメンやつけ麺などの麺やさんです。大学前通りに10件以上あると思われます。

 その中でも食べログの点数が高かったお店に入ってみました。
当店人気NO.1と書かれていたホルモンまぜそばを注文しました。
台湾まぜそばは食べたことがありましたが、ホルモンまぜそばというのは初めてです。

 ホルモンとチャーシューの脂ののったコクのあるうまみと麺の甘味、玉ねぎとねぎの辛みが合わさって噂に違わぬ美味しさで束の間、至福の時間を味わいました。次はサンマ水というつけ麺にチャレンジしてみようと思いました。。。

3.7月某日 午後1時 激論の総合定例

 束の間の至福の時間も過ぎ、午後からの仕事に戻ります。
午後は現場事務所にて、お施主様を交えての「総合定例」を行います。

 弊社での「総合定例」とは、お施主様、もしくは建物を運営する運営者様と工事進捗や建物仕様等について打合わせする定例会を指します。

 設計段階でも打合せは行いますが、工事進捗中に行う、詳細な仕様決定等、最終的に現場に反映されることになる非常に重要な打合わせです。と、その前に「総合定例」まで少し時間がありましたので、最寄りの消防署に建物の避難計画について最終確認を行いに行きました。

 建物の設計において、関係する所管行政庁との協議も重要な仕事の一つです。
消防署での打合せが終わり、現場事務所に戻るといよいよ「総合定例」開始です。
この日は建物の外壁に貼るタイルを決定するという大きな議題がありました。

 10種類以上のタイルサンプルを用意し、その中から一番良いと思うタイルを選ぶためみんなで意見を出し合い激論の末、お施主様に満足いただけるものを決定することが出来ました。建物の完成が楽しみです。

 その他にも議題がたくさんあり、打合せ時間は三時間以上に及びました。

4.7月某日 午後7時 帰社

 総合定例が終わり、お施主様が帰った後も少し現場監督さんとの打合せを行い、帰社したら午後7時過ぎでした。

 今日は炎天下での現場検査に加え、打合せも長くなったのでクタクタになりました。今日の業務日報を作成してすぐに帰宅しようかと思いましたが、当ブログ記事の締め切りが近づいており、現在、投稿記事の作成中でございます。。。早く帰って冷たいビールが飲みたいと思います。。。

5.最後に

 今回のコラムはいかがでしたでしょうか?

今後とも豊和開発の設計業務について実体験をレポートしていきたいと思いますので、少しでも追体験頂ければ幸いです。ご閲覧ありがとうございました。
【建築監理部 高】